いつの一家にだっている?夫婦での育児のギャップ感じませんか?

小児を叱る状態、夫婦の真価の隔たりを感じ取ることはありませんか?
夫婦はもともと違う家庭で育っているので、素晴らしく迫る夫婦でも、すべてのモラルがおんなじということはありません。だから、小児を叱りつけるときの肝にズレがあることは、当然のことなのです。
しかし、あまりにも考え方が違うと、怒られる小児が迷走してしまいます。ある程度、今の自宅のルールとして、夫婦で良く話し見合うことが大切なのです。とはいえ、小児にすねることは急に発生するので、議論した件ばかりを責めるわけではありません。それに、「よっし、叱りつけるぞ~」と思って、拗ねるわけではなく、小児が怒られることをしたので、怒っているのです。
パートナーが怒っている結果、「え~そんなことでむくれるの~」とおもうことがあります。しかし、それを形相に醸し出したり、小児の前で反対したりすることは、小児が混乱するだけでなく、夫婦の間に裂けめも生じさせてしまう。そこで、パートナーが拗ねるポイントは、こちらもしっかりと押さえておく。ただし、ここはちょっと譲れないと感じた時は、後で、ゆっくりと気持ちが落ち着いているときに、話し合っておきましょう。パートナーの素晴らしさを話しつつ、あたいはこのように考えてみたんだけど、どうかなという程度で話ください。個々の自宅のオリジナルの法律ができると、ファミリーとしてのステップUPもできた気がします。
朝のルテイン&プラセンタのおかげで健康的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>